HCアセットマネジメント株式会社
En

利益相反管理方針の概要

HCアセットマネジメント株式会社(以下「当社」という。)は、当社の金融商品取引業務に関連する当社とお客様との間、並びに、当社のお客様相互間の利益相反のおそれのある取引について、法令等及び利益相反管理方針に従い、お客様の利益を不当に害することのないよう適切に業務を遂行致します。
当社の利益相反管理方針の概要については、以下のとおりここに公表致します。

1.利益相反のおそれのある取引の類型と特定

予定する取引の中から、利益相反のおそれのある取引として、以下に掲げる取引の類型に該当する取引の有無を抽出するほか、お客様と当社又はお客様間において、主に以下②に掲げる状況の有無を着眼点として特定を行うものとします。
なお、利益相反のおそれのある取引に該当するかの基準として、当社のレピュテーションに対する影響がないか等の事情も考慮するものとします。

①取引の類型

  • 同一の金融商品が予定する取引に含まれていないのか
  • 取引の予定時期が重ならないか
  • 予定する取引の一方が売で他方が買となっているか

②着眼点

  • 顧客が自己の利益を優先させてくれると合理的な期待を抱く場合
  • 顧客の犠牲により、当社又は他の顧客が経済的利益を得るか又は経済的損失を避ける可能性がある場合
  • 顧客以外の者との取引に関連して、通常の手数料や費用以外の金銭、財貨又はサービスの形で誘引を得る場合若しくは将来得ることになる場合
  • 顧客との取引の結果、顧客の利益とは明確に区別される利益を取得する場合
  • 顧客の利益よりも他の顧客を優先する経済的その他誘因がある場合

2.利益相反のおそれのある取引の管理の方法

当社は、利益相反のおそれのある取引を特定した場合、次に掲げる方法その他の方法を選択し、又は組み合わせることによりお客様の保護を適正に確保いたします。

  • 利益相反のおそれのある取引及び顧客との取引の一方または双方の取引の条件または方法の変更を行なう方法
  • 利益相反のおそれのある取引または顧客との取引の一方の中止を行う方法
  • 顧客への利益相反のおそれの開示または顧客の同意の取得を行なう方法
  • 利益相反のおそれのある取引及び役職員の監視を行う方法
  • 取引の事前承認を行なう方法
  • 情報隔壁による機能間または機能内の情報共有の制限を行なう方法

3.利益相反管理の対象となる会社の範囲

当社のみとなり、当社以外で利益相反管理の対象となる会社はございません。

4.当社における利益相反管理体制

利益相反のおそれのある取引は、社内規程等によって所定の手続きに従って特定され、上記の利益相反管理の方法に従って適切に管理されます。内部管理統括責任者を利益相反管理統括責任者として利益相反のおそれのある取引の特定及び利益相反管理に関する全社的な管理体制を統括します。
利益相反管理統括責任者は、定期的に又はその都度、社内各機能より対象取引の利益相反管理状況等の報告を受け、必要に応じて、利益相反管理に係る手続や利益相反管理体制の見直しを行います。
お客様の利益が不当に害されるおそれがある場合は、必要に応じて、社内各機能に対する適切な利益相反管理の実施指示、対象取引の見直し等を行います。